【長女妊娠7】高温期の症状まとめ【タイミング法陽性周期】

長女妊娠

タイミング法で妊娠した周期、高温期に感じた妊娠初期症状や基礎体温を日にちごとまとめました。

妊娠初期症状について、まとめて知りたい方は以下の記事のほうが見やすいと思うので参考にしてください。

【長女妊娠6】妊娠初期症状はあった?【タイミング法で妊娠】
タイミング法で妊娠した周期の妊娠初期症状体験談です。生理前症状との違いや実際に感じた妊娠超初期症状をまとめました。基礎体温の二段上がり、吐き気、チクチクとした下腹部痛、腰痛、寝汗、ほてり、胸の張り等がありました。

前の記事:【長女妊娠6】妊娠初期症状はあった?

次の記事:【長女妊娠8】妊娠のためにやった生活改善まとめ

 
 

スポンサーリンク

高温期1日目

2週1日(体温:36.47℃)

特に普段と変わりありませんでした。
体温的に低温期ですが、この前日に病院で排卵直後を確認していたため、排卵日の翌日のこの日が高温期1日目(排卵後1日目)にあたるそうです。

今回、内服しながらのタイミング法なので、排卵を確認した前日からデュファストンという高温期の子宮を整える薬の内服を始めました。

【長女妊娠1】低温期が長い生理不順のタイミング法結果&不育症治療
低温期が長いタイプの生理不順の私がタイミング法で妊娠した時の記録です。タイミング法や服薬についての体験談、フライング検査結果について記載しました。また、血液凝固系の不育症であることもわかり、そちらの治療についてもまとめました。

 
 

高温期2日目

2週2日(基礎体温:36.70℃)

若干のほてりを感じましたが、まだ着床もしていない時で、症状も少しだったのでデュファストンの影響かもしれません。
 
 

高温期3日目

2週3日(基礎体温:36.75℃)
 
前日と同様に若干のほてりあり。
足に違和感を感じ、腰痛の気配を感じました。

スポンサーリンク

高温期4日目

2週4日(基礎体温:36.62℃)
 
前日と同様に若干のほてりあり。



高温期5日目

2週5日(基礎体温:36.73℃)
 
特に症状なし。
デュファストンも慣れてきたのかもしれません。


高温期6日目

2週6日(基礎体温:36.86℃)
 
夕方から強いほてり、微熱感を感じました。
前日までと明らかに強さが違い、前回妊娠した時の初期症状と似ていたので、この日にもしかして…?と思い始めました。
 
 

高温期7日目

3週0日(基礎体温:36.72℃)
 
前日の夕方と同様、強いほてりを朝から感じましたが、基礎体温は高温期序盤だなぁという感じでした。

スポンサーリンク

高温期8日目

3週1日(基礎体温:36.81℃)
 
ほてり感に追加して、乳に軽くはりを感じるようになりました。
また、この日から下腹部痛を感じ始めました。
生理前の下腹部痛はずーんと重たい感じですが、ちくちくとした下腹部痛のような気がしました。

腰はすでにバキバキでした。

この日、早期妊娠検査薬が心の目で見ると反応したような気がしました。

【長女妊娠5】フライング検査!陽性周期の妊娠検査薬まとめ【写真あり】
長女を妊娠した周期の妊娠検査薬の結果を検査薬の写真つきでまとめました。早期妊娠検査薬a-checkを使用し、高温期8日目からフライング検査を開始しました。線が出始めたタイミングや、コントロールラインと同様になったタイミングを写真付きで紹介します。


高温期9日目

3週2日(基礎体温:36.62℃)

明け方に起きてしまったので基礎体温は参考にならず。

下腹部痛はちくちくと思う時もあれば、生理前のような痛みの時もあり、着床したけど続かなかったのでは…?と不安になりました。

早期妊娠検査薬は、うすーーーーーーくラインがでました。
 
 

高温期10日目

3週3日(基礎体温:36.75℃)
 
デュファストンはこの日の朝まで。
妊娠検査薬は昨日より少し濃くなり、肉眼では見間違いではないレベルで見えるようになりました。

 

 

高温期11日目

3週4日(基礎体温:36.89℃)

はっきりチクチクした腹痛を感じるようになりました。
時々生理前の腹痛もあり、不安もあり。

基礎体温的には、この日から二段上がりしていました。
 
この日から、不育症の薬のバファリンA81錠を1日1回服用し始めました。

【長女妊娠9】3週4日 不育症のため、バファリン配合錠A81服用開始
プロテインSと第12因子が低い不育症ということが判明したため、妊娠がわかった3週4日から低用量アスピリンの服用を開始しました。不育症と診断された流れや、治療方法、妊娠への影響などについて記録します。



高温期12日目

3週5日(基礎体温:36.84℃)
 
チクチクした下腹部痛がはっきりあり、生理前の腹痛の頻度が減ってきました。

妊娠検査薬は依然薄いものの、前回より少し濃くなりました。
 

スポンサーリンク

高温期13日目

3週6日(基礎体温:36.97℃)
 
チクチクした腹痛に加えて、眠気が強くなりました。
高温期序盤にあったほてり感よりも強い微熱が出ているような感覚が始まりました。
胸の張りも強くなってきました。
 
妊娠検査薬は昨日より少し濃くなりました。

 
 

高温期14日目

4週0日(基礎体温:37.00℃)

生理予定日です。
眠気、チクチク腹痛、乳の張り、微熱感が継続です。
寝汗をかきました。寝汗は前回妊娠時もこの時期にありました。
妊娠検査薬は前日より少し濃くなりました。
 
 

高温期15日目

4週1日(基礎体温:36.92℃)
 
眠気、乳の張り、微熱感、寝汗が継続です。
チクチク腹痛が昼からあまり感じず生理前の嫌な感じが少ししました。
 
 

高温期16日目

4週2日(基礎体温:36.83℃)
 
眠気、乳の張り、微熱感、寝汗が継続。
チクチク腹痛がなく、生理前の感じがしました。
 
 

高温期17日目

4週3日(基礎体温:36.99℃)
 
乳の張り、微熱感、寝汗が継続。
肩と腰がバキバキに。
チクチクした腹痛が弱めだけれど復活しました。
 
 

高温期18日目

4週4日(基礎体温:36.96℃)
 
乳の張りが朝弱めで心配でしたが、昼にはパンパンに。
朝軽い吐き気、夜胃液がタプタプする感じがありました。

この日、病院に行って超音波検査により胎嚢を確認しました。

【長女妊娠10】4週4日 胎嚢確認。β-hCG濃度や胎嚢の大きさ
不育症検査、不妊治療を経て、妊娠検査薬で陽性反応が見られ、いよいよ胎嚢確認のためクリニックに行った日の記録です。クリニックでは尿検査でなく血液検査でβ-hCGの量を測定し、一定量を超えていると経膣エコーで確認でした。β-hCG濃度や胎嚢の大きさ等体験談を交えて書きます。

まとめ

妊娠初期症状を日にち別にまとめてみました。
症状別に見たい方はこちらのほうがわかりやすいと思います。

【長女妊娠6】妊娠初期症状はあった?【タイミング法で妊娠】
タイミング法で妊娠した周期の妊娠初期症状体験談です。生理前症状との違いや実際に感じた妊娠超初期症状をまとめました。基礎体温の二段上がり、吐き気、チクチクとした下腹部痛、腰痛、寝汗、ほてり、胸の張り等がありました。


私の場合、いつもとはっきり違った症状は以下のようでした。

・ほてり感(高温期6日目~)
・乳の張り(高温期8日目~)
・チクチクとした下腹部痛(高温期8日目~)
・早期妊娠検査薬うすい陽性(高温期8日目~)
・基礎体温二段上がり(高温期11日目~)
・眠気(高温期13日目~)
・微熱感(高温期13日目~)
・寝汗(高温期14日目~)

最初の頃はもしかして…?程度ですが、生理予定日間近になるほど、いつもと違う症状がはっきりと感じられました。
 

次の記事:【長女妊娠8】妊娠のためにやったこと、生活改善

 

スポンサーリンク
イチエをフォローする
スポンサーリンク
理系の家計簿
タイトルとURLをコピーしました