【長女妊娠28】切迫流産体験談。お腹の張りはいつから?どんな痛みだった?

長女妊娠

9週から腹痛を感じていて、そのたびに病院にかかり安静にしていたものの、20週で切迫流産と診断されました。

腹痛を感じるたびに、「お腹が張る」感覚ってこれであってる?という疑問をずっとかかえていたので、私のお腹の張りの感じ方や、ここまでの子宮頸管長等についてまとめてみました。

前の記事:20週転院初診で切迫流産・自宅安静診断

次の記事:妊娠中のひょう疽。対応や赤ちゃんへの影響は?

スポンサーリンク

これまでの経過

夫婦のスペックと低温期の長い不妊
タイミング法の服薬方法とスケジュール
排卵検査薬写真まとめ
妊娠検査薬写真まとめ
3w4d 不育症でバイアスピリン服用開始
4w4d 胎嚢確認
6w2d 心拍確認
8w0d 二度目の心拍確認
9w5d 下腹部痛
10w0d 専門クリニック卒業と産院の選び方
13w0d 初めての妊婦健診
16w お腹の張りで受診。張り止め処方
17w 健診でも問題なしだが、リトドリンは念のため服用指示
18w セカンドオピニオン
18w 転院決意。妊娠中期の転院体験談
20w 転院!初診で切迫流産・自宅安静と診断

お腹の張りってどんな感じ?

9週〜15週まではつっぱるような感じの軽めの痛みで、横になってお腹を触らないと硬くなっていることには気づかない感じでした。

【長女妊娠16】9週5日 腹痛で予約外受診。腹痛の原因や胎児への影響は?
9週に入ってから、これまでにない種類の下腹部痛を感じるようになり、日に日に痛みは強くなりました。9週5日、下腹部痛で病院に行った体験談です。腹痛の経過や病院での診察方法、診察結果を記載します。

痛みがくると、立っているのがしんどいというより、何となく怖いなぁという感じでした。

16週に入るあたりで、明確に「これはきっと張りだ…!」と思うようなキューっとした痛みを感じるようになり、子宮の位置がわかるくらい下腹部がカチカチになるのを感じるようになりました。

【長女妊娠21】16週お腹の張りで予約外受診!張り止めが処方【張りってどんな感じ?】
9週から下腹部痛がありましたが、16週に入り「張りかもしれない」と思うようになり、頻度も格段に増えたため予約外受診した時の体験談です。張りの感じ方についても記載します。

15週までのつっぱるような痛みがより強くなり、キューっとした「張る」という感覚になったと思っています。

チクチクとした痛みは違う?

ちなみに、上記種類の痛みとは別に、チクチクとした下腹部も妊娠4週〜12週くらいまで感じていました。

この痛みは前回の妊娠初期にも感じており、前回の医師にも、今回の専門クリニックの医師にも「おそらく子宮の大きくなる痛みだろう」と言われました。

今回、子宮が大きくなる痛みと切迫流産の痛みが同時にきて、改めて両者の違いを感じました。
私個人の感覚では、子宮の大きくなる痛みはチクチクとしたのばされるような感覚の痛みで、切迫流産の下腹部痛はキューっと収縮しているような感覚の痛みでした。

スポンサーリンク

張りはいつから?

9週からつっぱるような下腹部痛を感じ始め、本格的に張りだと気づいたのは16週にもうすぐなるという頃でした。

腹痛の経過

妊娠初期に腹痛を感じ始めた9週から切迫とわかる直前の18週までの腹痛に関する記録です。
かなり細かいので、経過をじっくり知りたいという方以外は読み飛ばしていただいて問題ないと思います。

9週1日 初期のチクチクとは違う下腹部痛

9週2日 もしかして張り?と思い出す。

9週5日 腹痛で予約外受診。問題なしだが安静に。

10週0日 専門クリニック卒業。腹痛は卵巣の腫れの痛みではと言われる。

11週 張り続く。仕事中は座ってやり過ごす。

12週 チクチクとした腹痛と張る痛みの両方を度々感じる。休むと治るが動くとまたすぐ復活。

13週 お腹が固くなってるかは分からないが、張りの感覚が確実にわかるように。

14週4日 少しでも重たそうな物を持つのがこわいと思うようになる。

14週5日 お腹は痛くないけれど、常に張りっぽさを感じる。

15週2日 座っていても強い痛みが。同じ姿勢を長時間はよくなさそう。

15週3日 張る痛み+お尻へツーンとした痛み。立つ歩くがしんどくなる。

15週4日 立ったり動いたりするとやや張り、座っても楽にならない。

15週5日 痛み全然なし。

15週6日 横になっていれば子宮が固くなる感じがわかるように。

16週1日 強い張りで予約外受診。張りではないと言われるがリトドリン処方。

16週2日 リトドリン副作用もないが効き目も感じず。

17週1日 夜中にキューっとお腹が張り、びっくりして目が覚める。

17週4日 お腹張ってる感なくなってきた。

17週6日 一度収まっていた張り再び。

18週1日 膣にツーンとする感覚。

18週2日 張りでセカンドオピニオン。できたら1週間ほど休んだ方がいいとのこと。

18週3日 健診で再び張りではないと言われる。転院希望を伝える。

18週4日 初めてリトドリンが効き、4時間ほど楽になる。

18週5日 すわったり立ったりしててもこれは張りだとわかるように。ただし触ってわかるカチカチ感は横にならないとわからない。

18週6日 朝から一日張り続く。立ちあがる時、排尿時はかならずで、寝ていても強く張りを感じることも日に何度かある。

子宮頸管長の推移

腹痛を訴えていたため、わりと初期からほぼ毎回子宮頸管長を測定してくれていました。以下はその記録です。
(「問題なし」と記載の週は内診で確認してくれていましたが、子宮頸管長が言われなかった日です)

9週 4cm以上

10週 問題なし

16週 4cm以上

17週 問題なし

18週 4cm以上

18週②問題なし

20週 3.2cm、その場で自宅安静指示がでました。

次の記事:妊娠中のひょう疽。対応や赤ちゃんへの影響は?


スポンサーリンク
イチエをフォローする
スポンサーリンク
理系の家計簿
タイトルとURLをコピーしました