流産とは?流産の種類、対処法や原因は?

妊活

妊娠すれば、その先には幸せな妊婦生活、出産が待っているというイメージが多くの人にはあるかもしれません。
しかし、残念ながら流産になってしまう人は思っているよりも多く、健康な若い人でもそうなってしまう怖いことですが可能性は十分にあります。

このページでは流産の種類や対処法について紹介します。

スポンサーリンク

流産とは

妊娠22週未満で妊娠が終わってしまうことです。

前述もしましたが、ごくごく一部の人にのみ起こるものではなく、健康な若い男女の妊娠においても一定数発生しうるものです。

妊娠12週未満を早期流産、妊娠12週から22週未満を後期流産と言ったりもします。
22週以上37週未満の場合は「早産」となり、この場合、もしも産まれてしまっても生きられる可能性があるため、蘇生を目指して医療を受けられますが、「流産」の場合は、外に出てきてしまっても助けることはできません。

流産の原因

染色体異常

早期流産のほとんどが、受精卵の染色体異常だと言われています。

例え精子、卵子とも問題なくとも、受精卵となる段階で少しでも何らかのエラーが起これば染色体異常となってしまい、うまく育つことができなかったりします。
こればっかりは、完全になくすことはできませんし、安静にしたり、生活に気をつけたり、薬を飲んだりしても流産になることは防ぐことはできません。

私もそうでしたが、流産となると自分の何かが悪かったのではないかと思うこともあると思います。
夫も自分に原因があったらと、心配していました。
流産はとても悲しいことですし、つい自分を責めがちになってしまいますが、多くの場合どうしようもないことだと思い、あまり自分を責めないであげてください。
ただし、そのうえで後述する不育症等について不安に感じている方は、検査だけでもしてみるのもいいかもしれません。
私は染色体異常以外の可能性があるのなら、できるだけ排除したいと思って不育症検査を受けましたし、友人は確立上次は大丈夫!と気持ちを切り替えていました。

スポンサーリンク

不育症

不妊症は最近では知られる言葉になってきましたが、「不育症」は初めて聞く人も多いかもしれません。
なんらかの理由により、妊娠しても妊娠継続が難しく、流産や早産を繰り返してしまう症状のことを指します。

不育症とは?症状や検査費用、治療方法【体験談】
不育症について、稽留流産後、不育症検査を受けた体験談をまじえて説明します。不育症の原因や検査方法、治療法や治療費用についてや、血液凝固系の不育症の場合の実際の検査費用、治療費用、病院の選び方についても書きました。

不育症はまだまだ研究中の部分が大きく、原因不明の人が多くいます。
現在のところ原因とされているものには、エビデンスがある程度確立されている抗リン脂質抗体異常の他に、甲状腺機能異常や血液凝固系異常、子宮奇形、転座遺伝子等があります。

不育症だからといって生児を授かれないわけではなく、原因にもよりますが、適切な治療を受ければ多くの人が子どもを産むことができています。
また、もし血液検査などで不育症の可能性があると言われても、無治療でも無事に出産できる人もおり、不育の因子があるからと言って、必ずしも出産までたどり着けないわけではありません。

私の場合、血液凝固系でグレーゾーンのものがありました。

【不育症体験談1】検査内容や費用、結果は?
稽留流産後、不育症という言葉を知り、不育症の検査をした時の記録です。不育症の検査方法やかかった費用、検査項目や結果、検査を受ける病院を選ぶポイント等を体験談をベースにまとめました。
【不育症体験談2】セカンドオピニオン!前院との検査内容の違いや費用、検査結果は?
稽留流産後、不育症検査を受けたところ、問題なしと言われましたが血液凝固系が基準値内ギリギリでした。心配だったため不育症を専門的に扱う病院でセカンドオピニオンを受けてきました。病院によって基準値や測定するものが若干異なること、費用の違い等について体験談を書きました。
【不育症体験談③】プロテインSと第12因子が低め!治療方針や費用は?
稽留流産後、不育症外来で検査を受け、血液凝固系の不育症であることがわかりました。ひっかかった「プロテインS」や「血液凝固第12因子」についてや、治療法、治療費用などについて経験談を書きました。

ただ、一つ目の病院では問題ないと言われる値で、二つ目の病院ではギリギリ服薬対象になるとのことでした。
そのため、私の流産はもしかしたら染色体異常からくる偶然だったかもしれませんが、少しでも流産の可能性を減らせるならと、二回目の妊娠時は不育症のための薬を妊娠初期から服薬しました。

胞状奇胎

遺伝子エラーの一つですが、胎盤になる予定だった組織が異常増殖してしまう状態です。

この場合、妊娠継続は難しいだけでなく、組織を全て体外に排出しないと今後の母体へも影響が出てしまいます。

全胞状奇胎はエコーで特徴的なブドウ状粒が見られますが、部分胞状奇胎では判別が難しいこともあり、子宮内容物を検査することによって胞状奇胎かどうかを調べることができます。
また、掻爬手術後もhCGの値が下がらない、完全流産後もhCGの値が下がらない等の場合も胞状奇胎が疑われることがあり、その場合は再度掻爬手術を行い、hCGの値を経時観察していきます。

スポンサーリンク

流産の種類

化学流産

妊娠検査薬で陽性になるが、胎嚢確認前に生理がきてしまうことです。

妊娠検査薬で陽性になったということは、受精卵が着床してhCGを出している状態があったということですが、その受精卵が着床継続できないと、子宮内膜がはがれ、生理となってしまいます。

実はこれ、気付かないだけで多くの人で起こっていると言われています。

「今回はいつもより生理が遅れているな」

「生理が少し遅いと思ったら、今回はやたら出血が多い生理だった...」

特に、妊娠検査薬を使用期間よりも早くに使う人たち(いわゆるフライング検査)は、化学流産に気づいてしまいがちです。
フライング検査を行う際は、デメリットも理解したうえで行うようにしましょう。

今回、流産の種類として紹介していますが、化学流産は「妊娠」としてカウントされないそうです。
病院等の問診表に書く必要はないそうです。

稽留流産

赤ちゃんの成長・心拍がとまってしまっているが、まだお腹の中にいる状態を指します。

出血や腹痛などの自覚症状がない場合も多く、hCG等のホルモンも出ており、母体は妊娠している状態と何も変わらないこともあります。
(つわりなども変化がないこともあります)

そのため、妊婦健診などで指摘されて気づくことも多いです。

そのまま、進行流産へと移行することもありますが、いつ出てくるかわからないことや感染症等のリスクを考えると、多くの病院では掻爬手術を勧められるようです。

進行流産

子宮が収縮し、出血や腹痛などが起こり、赤ちゃんが子宮外へ出始めている状態です。

このまま、子宮内の全てが出てきた場合、「完全流産」となり、
子宮内に内容物が残ってしまった場合、「不全流産」となります。

スポンサーリンク

完全流産

子宮内の赤ちゃんや胎嚢、胎盤などが全て子宮外に出てきた状態です。

超音波検査で子宮内容物が全て排出されていることが確認できれば、完全流産ということになります。
基礎体温は下がり、つわり等もピタッとなくなることが多いです。

妊娠週数にもよりますが、かなりの出血量と痛みになることがあります。

【初めての妊娠27】稽留流産→自然排出→完全流産と診断。出血はいつまで?妊活はいつから?
稽留流産確定診断から8週0日から1週間後、自然排出となり、ほぼ完全流産となりました。出血はいつまで続くか、その後の妊活や避妊期間はどのくらいか、排卵や次の生理はいつごろか、完全流産の診断時に聞いてきました。

不全流産

子宮内の赤ちゃんや胎嚢、胎盤などが完全に子宮外に出きっておらず、一部が子宮内に残存している状態です。

この状態が続くと、感染症のリスクもあがるため、掻爬手術が進められる場合があります。

切迫流産

流産と名がつきますが、これだけはちょっとイレギュラーで、赤ちゃんは生きていますが、何らかの原因により子宮外に出されてしまう恐れのある状態で、流産一歩手前という感じです。
出血や腹痛、張りなどの症状が伴うことが多いです。

他の流産と異なり、正しく対処すれば切迫流産は妊娠継続が可能です。
基本的には横になって安静が一番の対処法です。

その他、症状や週数によっては薬が処方されることもありますが、本当に安静が一番です。
お仕事をされている人は、診断書を出してもらえることもあるので、早めに病院に相談しましょう。

【長女妊娠28】切迫流産体験談。お腹の張りはいつから?どんな痛みだった?
切迫流産になるまでの体験談をまとめました。私自身、張りの感覚がわからず不安だったため、張りの感じ方や腹痛の具合についても記載します。また腹痛を感じ始めた9週からの子宮頸管長についても一覧にしました。

まとめ

流産はとても悲しいもので、お母さんはつい自分を責めてしまったり、どうにか防ぐことはできないかと思っていると思いますが、残念ながらほとんどの場合、染色体異常で防ぐことができないものです。

このページを見ている方には、残念ながら流産となってしまった方、流産の可能性を示唆された方もいらっしゃると思います。
特に初期に起こる流産は、染色体異常がほとんどで、病院にかかっても特に対処ができず、経過を見守ることしかできず、歯がゆい思いをされることもあると思います。

できるだけ自分を責めずにすむ方法を探してみてください。

私はたくさん泣いた後、美味しいものをたべ、染色体異常以外の可能性をつぶしたくて不育症検査をできる範囲で行いました。

個人によって立ち直るために必要な工程は違うと思いますので、自分にあった方法を選んでみてください。

スポンサーリンク
イチエをフォローする
スポンサーリンク
理系の家計簿
タイトルとURLをコピーしました