フライング検査とは?妊娠検査薬はいつから検査可能?

妊活

妊娠を希望しているとどうしても気になる高温期後半戦。
妊娠しているなら、できるだけ早く知りたい…!早く白黒はっきりさせたい…!

そうでなくても、飲み会があったり、スポーツの予定があったり、もし妊娠しているなら避けたい用事がある場合、早く妊娠しているかどうかを知りたいことがあると思います。

一般的に市販されている妊娠検査薬は生理予定日1週間後から検査可能ですが、それより前に検査を試してみることをフライング検査と呼んだりします。

メーカーの推奨ではない期間に使用しているため、自己責任で行う必要があるのでご注意ください。

スポンサーリンク

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬は、受精卵が着床すると放出されるホルモンであるhCGを検出できる検査薬です。

排卵検査薬で検出するLHと違い、hCGは妊娠時以外には基本的には検出されません。
(※まれに妊娠以外の疾患でも放出されることもあります)

そのため、妊娠検査薬の場合は、ほんの少しでも、うっっっすらでも反応が出れば着床しているということになります。

フライング検査とは

妊娠検査薬を説明書の使用可能期間より前に使用することです。

前述の通り、着床すると放出されるホルモンのため、使用可能期間より前でも反応することがあります。
それを利用して、少しでも早く妊娠しているかどうか知りたい、着床できる体質かどうか知りたい、というのを調べることがフライング検査です。
もちろん、妊娠検査薬の試用期間ではなく検査を実施しているので、メーカーの想定した使用方法ではありませんし、自己責任で行う必要があります。

通常の妊娠検査薬はたいてい生理予定日1週間後から使用可能なものが多いので、それより前に使用したりすることを言います。
中には早期妊娠検査薬という生理予定日付近から使用可能な検査薬もあるため、フライング検査は抵抗があるけれど早く妊娠しているかどうか知りたいという方は、早期妊娠検査薬を使用する方法とあります。

スポンサーリンク

いつから検査できる?

排卵日付近に精子と卵子が出会い、受精すると、受精卵は7日くらいかけて卵管を移動して子宮内に着床します。
着床後、少しずつhCGの放出量が増えて、2日後くらいに妊娠検査薬で検出できる可能性のある濃度になってきます、

そのため、私は高温期9日目よりフライング検査をしていました。

ただ、性行から受精までにラグがあったり、受精卵が卵管を移動する時間や着床するまでの時間、着床完了するまでの時間に個人差があったりするので、人によってはもっと時間が経たないと妊娠していても十分な量のhCGが放出されていないこともあります。

また私の場合、排卵日がほぼほぼわかっていましたが、排卵日が不明の場合、いつ受精したかもわからなくなりますので、もっと誤差が生まれると思います。

一般的な妊娠検査薬の「生理予定日1週間後より使用可能」は、そういった個人差があっても使用できるように設定されているのかもしれません。

フライング検査のやり方

私のやっていたフライング検査のやり方を紹介します。
私の場合、着床できるかどうか知りたいが目的だったので、かなり早い段階から検査を始めました。
「風邪っぽく、妊娠していないなら薬が飲みたい」等、今現在の状態のみ知りたい方は、下記の方法でなく、「知りたい」と思ったタイミングのみ検査すれば大丈夫だと思います。

①同じ種類の妊娠検査薬を複数本用意する。
私の場合、高温期9日目から高温期12日目くらいまで検査したかったので、4〜5本は常にストックしていました。

②高温期9日目から、毎日朝一番尿で検査を行う。
尿につけて1分後と、5分後くらいに検査薬を確認する。
直後に線が出ていなくても、検査薬が乾くと線がでてくることもありました。

個人的な体感で、朝一番もしくは二番目の尿が、一番ラインが出やすいよあに感じたため、私は朝一番固定で検査していました。

メリット

着床しているか否かが早くわかる

これに尽きると思います。
妊娠を希望している方にとって、高温期1日1日ってとっても長いですよね。
生理予定日が近づくにつれてドキドキドキドキ…
はやく結果が知りたい…!と思う方も多いと思います。

また、「本当に自分や夫に妊娠できる力が有るのだろうか」と不安に感じている方もいるかもしれません。
私も自分が妊娠できる身体かどうかずっと不安でした。

もちろん、専門の病院で調べてもらうのがいいの思いますが、妊娠検査薬で一度でも陽性が見れたということは、少なくとも以下のことがわかってきます。

・無事排卵している
・排卵した卵子が卵管に移動できている(キャッチアップ障害ではなさそう)
・精子が卵子まで到達し、受精可能
・受精卵が移動可能な卵管状態(卵管が閉塞していない)
・着床できる子宮の状態

残念ながら、着床したからといってその後必ず妊娠継続となるわけではありません。
思ったよりも多くの受精卵が着床したけれど妊娠継続できない、という状態になっています。
フライング検査した段階では確かに着床していても、生理予定日には受精卵がはがれてしまい、着床に気づかず生理がくることもありますので、フライング検査により、より多くの「着床」を知ることができます。

飲酒や運動、薬をセーブできる
こちらの目的で使う方も多いと思います。

なんだか風邪っぽいから薬を飲みたいけれど、もし妊娠していたら飲みたくないなぁ…

今夜の飲み会、お酒を飲んでも大丈夫だろうか…

もし妊娠していたら◯◯は避けたい!という時に、フライング検査は役立ちます。

ただ、陽性の場合は妊娠しているということでリスクを避けることができますが、陰性でもまだ検査薬で反応が出ていないだけで、実際には妊娠している可能性もあります。

フライング検査はあくまで検査薬メーカーが担保している期限外での利用で、確実なものではないということを理解して行う必要があります。

スポンサーリンク

デメリット

コストがかかる

妊娠検査薬はドラッグストアなどで手に入る国内製のもので1本500円くらい、インターネットで購入する海外製の試験紙タイプの安価なものでと1本70円くらい費用がかかります。
排卵検査薬と同じくらいの費用がかかってきます。

フライング検査って始めてしまうと、今日陰性でも明日は陽性かもしれない…!とついつい連日やってしまったりするんですよね。

その分費用がかかってきます。

手間がかかる

妊娠検査薬は朝一番の尿で検査すると一番濃い反応が見られると言われます。

毎朝同じ時間に検査するという手間がかかるのもデメリットです。

ただ、私は毎朝楽しみにしていたので、あまりこれはデメリットに感じませんでした。

流産に気づいてしまう

知らなくてよかった化学流産を知ってしまう

これが一番精神的にきますし、フライング検査最大のデメリットだと思います。

化学流産、化学的流産とは、受精、着床はしたけれど、着床が継続せずに胎嚢の確認以前に生理がきてしまうことです。
実はこれ、健康で若い男女でもよく起こることだそうです。
数日生理が遅れたと思ったら、いつもより少し重めだった、なんて時は実は化学流産していた可能性もあります。

ただ、妊娠検査薬を早い段階で使わなければ気づくことのなかったことです。

妊娠を心待ちにしていればいるほど、陽性は嬉しいもので、その反応がなくなってしまったり生理がきてしまうのはとてもしんどいことだと思います。

割り切れる人にとっては得られる情報が多く便利なものですが、化学流産を知りたくない方は安易なフライング検査はお勧めしません。
個人的な体感ですが、メンタルって結構妊活に響く気がします。
自分のメンタルを保てる方法で妊活していきましょう。

スポンサーリンク

実際やってみた(画像付き)

実際に妊娠検査薬を利用していて、妊娠検査薬写真付きのブログが非常に参考になったので、私の使用記録も写真を交えてまとめてみました。

この回の妊娠は排卵検査薬を使ったタイミング法でした。

娘を妊娠した時も、排卵検査薬を使ったタイミング法で、やっぱりフライング検査してました。

【長女妊娠5】フライング検査!陽性周期の妊娠検査薬まとめ【写真あり】
長女を妊娠した周期の妊娠検査薬の結果を検査薬の写真つきでまとめました。早期妊娠検査薬a-checkを使用し、高温期8日目からフライング検査を開始しました。線が出始めたタイミングや、コントロールラインと同様になったタイミングを写真付きで紹介します。





排卵検査薬の写真も合わせて載せておきます。
↓初めて排卵検査薬使った時のまとめ


 

↓初めて妊娠した周期の排卵検査薬まとめ



↓長女を妊娠した時の排卵検査薬の写真

【長女妊娠3】タイミング法陽性周期の排卵検査薬まとめ【写真あり】
排卵誘発剤を使ったタイミング法と併用して排卵検査薬を使用しました。その際の排卵検査薬の写真や、いつからいつまで使用したか、誘発剤を使って排卵がどのくらい早くなったかをまとめました。

 
 
↓長女を妊娠した時の排卵検査薬使用タイミングについてもまとめてみました。

【長女妊娠4】タイミング法と排卵検査薬。排卵直後にエコー検査、排卵検査薬は有効だった?
今周期、通院によるタイミング法と、自宅での排卵検査薬を併用することになりました。排卵検査薬が陽性になるときと、実際の排卵の関係についてまとめました。また、タイミングをとった日と排卵検査薬が陽性になったタイミングについて考えてみました。

フライング検査してよかった?

私の場合、化学流産を知ってしまうデメリットより、着床しているかどうかを知れる方がメリットが大きかったので、フライングをして良かったです。

また、単純に生理がくるまで落ち着かない気持ちで過ごすよりも、早いうちに結果を知ることができるので、切り替えが早くできてよかったです。
「生理がきた、妊娠していなかった、生理痛痛いよ〜」だと生理初日のテンションが低くなりすぎるので、早めに今回はダメそうと分かると、妊娠したら食べられないお刺身やお酒を食べたり、すぐに旅行の予定を入れたり、自分のテンションを保てるように調整したりしていました。

もし妊娠しているかと思うと、運動や食事、飲み会など、色んなことをセーブしがちになってしまっていたので、結果がわかって、それらを早めに解禁できるのは精神的にも体作り的にも大きなメリットでした。

まとめ

私の場合、上述の通りやってフライング検査をやってよかったですが、これは本当に人によると思います。
特に化学流産を知ってしまうかもしれないというのは、大きなデメリットです。確率上、思っているよりよくあることのようです。

ご自身の性格や、早く知る必要性などに合わせて、やるかどうかは検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
イチエをフォローする
スポンサーリンク
理系の家計簿
タイトルとURLをコピーしました