【初めての妊娠23】二度目の自然排出後の病院。胎嚢だったのか?【稽留流産】

初めての妊娠

8週0日に稽留流産と診断され、ちょうど1週間後の9週0日に胎嚢、胎盤と思われるものが出てきてほぼ完全流産となりました。
その2日後の9週2日の夜、再び胎嚢のようなサイズ、質感のものが排出されました。
もしかして双子だった...?
二度目の自然排出後の診察についてまとめました。

~これまでの経過~

3週2日 妊娠検査薬陽性
5週1日 胎嚢確認
6週0日 成長しているも心拍確認できず
6週4日 微量出血あり、卵黄嚢・胎芽確認
7週1日 心拍確認できず稽留流産疑い
8週0日 稽留流産確定出血開始
8週2日 前処置当日、体調不良
8週6日 出血量が増えて生理2日目くらいに
9週0日 自然排出1回目ほぼ完全流産と診断子宮収縮剤服用開始
9週2日 自然排出2回目

▶前の記事 : 自然排出2回目
▶次の記事 : 自然排出後の出血量、過ごし方


スポンサーリンク

2回目の自然排出

9週0日に稽留流産からの1回目の自然排出が起こりました。
出てきたものを持って診察してもらったところ、エコーの様子から、胎嚢等の大きなものは既に出てきており、子宮内膜の残りや出血などがまだ少し残った状態だろうと言われていました。

しかし、9週2日の2回目の自然排出では、前回の胎嚢よりも少し大きいかたまりが排出されました。

前回出ていたのは胎嚢じゃなかった・・・?

もしかして双子だった・・・?

色々な不安がめぐりつつ、翌朝出てきたものを持って再び病院に向かいました。

でてきたものは胎嚢の一部でした

朝一番に、でてきたものを持って病院に行きました。
今回は夫も一緒に行きました。
何度か運転してもらっていましたが、診察室まで入るのは初めてです。


診察室で、昨日排出がおこったことを伝え、すぐ内診台へ。


出血の確認とエコーを行い、再び診察室へ。
内診室にいる間は、夫は中待合で待っていたようです。


先生「でてきたものは、おそらく胎嚢の一部だと思います」

私「おととい、エコーには何も映っていないというお話でしたが、
  まだあったということですか?」

先生「大部分はでてしまっていたので、はっきりとした黒いものはエコーでは
  確認できませんでしたが、白いぼやっとした部分がまだ何かあった部分です。
  おそらくこの中に今回でてきたものがあったのでしょう
  (前回エコーを見ながら)」

私「じゃあ、あのくらいの大きさと固さのものでも
  エコーに黒く映らないことがあるんですね。
  
  ・・・実は双子で、それが見えづらい位置にあったということはありませんか?
  双子は時々遅い週数でわかることがあると聞いていたので心配になっています。」

先生「それはありません。前回胎嚢がなくなっているのは確認しています。
   どこかに隠れていたことはありえません。」


(確かに、とても丁寧に色々な角度から見てくれていました)


先生「説明が足りませんでしたが、胎嚢はひとつのかたまりででてくること
   ばかりではありません。今回のように自然排出の場合は、亡くなってから
   少したっているので、胎嚢の形が維持できずにくずれてきます。
   (実際前回は円形ではなく、勾玉型でした)
   そのため、今日出てきたものは胎嚢の一部だと考えられます。」

私「そうすると、前回でてきたものが胎嚢の一部で、
  今回のものが胎嚢の可能性もあると思いますが、
  胎嚢かどうかというのはどうやって判断されるのですか?」

先生「エコーで見えていたものが排出によって消失したかどうかで判断します。
  今回はおとといで胎嚢としてずっと見えていたものがなくなっていたので、
  それで判断しました。」

私「わかりました、ありがとうございます。」

スポンサーリンク



前回の胎嚢より大きくでてきた今回の胎嚢の一部が、なぜエコーにはっきり映らなかったのかは結局納得いく答えは返ってきませんでしたが、少なくとも先生が判断された根拠を知ることができてよかったです。


あとで夫への説明のために調べなおしましたが、週数が大きくなってから初めて双子に気づくケースは一卵性の場合がほとんどだそうです。
もう一方の胎児の陰に隠れていて、ある程度の大きさになって初めてわかる、心拍確認の時に、二つ点滅していて初めてわかる、というケースが多いそうです。

一方で二卵性の場合は、胎嚢が2つあるので、多くの場合は通常の胎嚢の確認ができるタイミング(5~6週)でわかるようです。


私の場合、もし今回のものが胎嚢だったとしたら二卵子だということなので、8週のエコーでは確実に二つ胎嚢が確認できるはずだが、それはなかったと夫に説明しました。


また、基礎体温も最初の排出の次の日からガクッと下がっていました。
もし、もう一人の妊娠が継続している場合は、下がらないことが予想されますので、基礎体温からも双子ではなかったようだと加えて説明しました。

私が取り乱してしまったせいで、だいぶ心配をかけてしまって申し訳なかったです。

今後について

今後は、今日ほど大きな塊はでないと思いますと言ってもらいましたが、前回も同様なことを言われて2度目の排出だったので、しばらくは大きめのナプキン装着でいこうと思いました。


次回は予定通り、10週0日となりました。
その頃には胞状奇胎の結果もわかっているだろうとのことでした。

 ▶次の記事 : 自然排出後の出血量、過ごし方

スポンサーリンク
イチエをフォローする
スポンサーリンク
理系の家計簿
タイトルとURLをコピーしました