【新婚さん必見!】共働き夫婦の家計管理方法

家計簿

結婚してまず最初にぶち当たる壁は、「お金をどうやって管理していくか」だと思います。

「頑張って稼いでもお小遣い制なんてまっぴらだ」、
「いつまでも独身時代みたいにお金を使われて、貯金が心配」等々。

お金って、愛や恋じゃどうにもならない!
でも生活に必要な大事な部分。
みなさんのご家庭では家計のお財布はどのように管理されていますか?
色々な管理方法を紹介しますので、家庭にあった管理方法を検討してみてください。

スポンサーリンク

働き手のメインが一人の場合

どちらかがフルタイムで働いてもう一人は専業主婦(夫)orパートの場合ですね。

①旦那さんが管理して生活費を家に入れる
②奥様が給料を預かって管理してお小遣い制にする

この二パターンに大きく分けられると思います。

①の場合は旦那様、②の場合は奥様が家計のお財布の紐を握っています。
責任者がはっきりしているので、責任者さえしっかりしていれば家計管理はしやすいように思います。
①の場合、注意したいのが旦那様が生活費しか渡しておらず、家計の貯金がたまっていないパターン。
家計の貯金額をどうするかは話し合っておきましょう。

奥様がパート等に出られる場合は、家計の足しだったり、お小遣いだったりいろいろなパターンがあるようです。

共働きの場合

でも共働きの場合はちょっと難しいです。
なにせお互いが稼いだお給料は、お互いの名前の口座にしか振り込まれません。
そして、お給料の額はぴったり同じではありません。

大きく分けて3パターンに分かれると思っています。


①お互い決まった額を家計のお財布に入れて、残りはお小遣いとして自分で管理。

②お互いが担当する支出項目を分け、残りはお小遣い。
(例)旦那様が家賃などの固定費、奥様が食費などの変動費

③共通の口座を作って給料はそこに振り込み(もしくは、それぞれの給与振り込み口座は家計のものとする)、家計の管理はそこからする。完全お小遣い制。


我が家は③でやっています。

スポンサーリンク

毎月決まった額を家計財布にいれる

<メリット>
・独身時代と大きく価値観を変えなくてすむ
・お金をおろしてくるだけで、すぐ実践できる

<デメリット>
・お互いの貯蓄がいくらあるかわからない
・メインで家計財布を管理するほうに負担がある


①は独身時代に一番近い生活ができると思います。
通帳を新しく作ったり、給与口座を会社に変更してもらうこともなく、すぐにでも実践できる方法です。
我が家も結婚してすぐの時は、体制が整わずに一時的にこの方法をとっていましたが、二人で共通にかかる支出の把握もできるし、何より手間がなくて助かりました。

ですが、この方法大きなデメリットがあります。

『お互いの貯蓄がどのくらいあるかわからない』ということです。

片方はお小遣いはほとんど使わずコツコツ貯金し、もう一方はほぼ趣味や飲み会で消費して残金はなし。
数年後、家を買おう、子どもの教育プランを考えようと貯金額を確認して大問題!なんてことも。
残金なしはともかく、相手が思ったよりも貯めていなかったというのはよくある話です。

この方法を選ぶのなら、お互いがお小遣いとしている部分の貯金は相手に期待しないようにしましょう。
そして家計に入れるお金に、必要分の貯蓄も含める必要があります。

もう一つ面倒な点として、家計のお財布を管理する必要がでてきます。
二人が責任を持って管理できるのが理想ですが、どちらかに任せきりなり、負担が大きくなることがあります。

また、同額稼いでる共働きのうちはいいのですが、女性側は妊娠出産を機に収入が減ったり、仕事を辞めざるを得ない状態になることもあります。
私も妊娠中、切迫早産となってしまい、結局出産まで休職することになりました。
そうなると、結局家計を合わせる必要が出てきます。
そうなってから管理方法を改めるのもありですが、長くやってきたお金の習慣を変えるのは大変です。
「結婚」はいいきっかけなので、この機会に将来的によりよい管理方法にしておくことをお勧めします。

支出項目担当制

<メリット>
・すぐに実践可能
・自分の担当支出項目について責任を持てる

<デメリット>
・不公平感がでることも。
・相手が担当している項目について遠慮が生まれたりする。


②は同棲している人でわりと聞くパターンな気がします。
お互いの給料を考えて、だいたいざっくり担当項目をわけるみたいですね。
これも①と同様、すぐにでも実践できるのがいいところです。

また、誰がどのお金を払うのかさえ決めてしまえば、お金を払う人がその項目は責任を持ってやってくれるため、家計共通財布をつくるのに比べて一人にかかる負担は少ないです。
家計共通財布って結局どちらか片方が管理することになりますもんね。。。


デメリットとしては支出項目によって不公平感がでること。
家計共通財布から出しているのであれば、野菜が高くても高い分は二人で出し合っていることになりますが、②では担当の人のお財布がただただ痛むだけ。
あと、お互いの支出項目になんとなく遠慮したり、無駄遣いしないで!ってなったりしません?

私は狭量なので、相手の担当が車だったらガソリンに気を使うし、私の担当が食費だったら、キャベツが高騰中に「今日はロールキャベツの気分」とか言われたら「このやろう」と思ってしまうと思ったので、このパターンはやめました。
お金のことで夫にイライラしたくないし、どちらかが一方的に気を使う状態もつくりたくなかったので。

スポンサーリンク

完全お小遣い制

<メリット>
・家計の支出、貯金がすべて把握できる

<デメリット>
・口座をつくったり最初にやることや決めることが多い
・メインで家計財布を管理するほうに負担がある


我が家はこの方法です。

この方法って、最初にやることとか決めることがとにかくたくさんで、お金の価値観が合っていないと結構大変です。
でも、これから一生生活を共にしていくうえで、お金の価値観が合わないのは、個人的に致命的だと思っています。
最初だからこそ話し合える、というのもあると思います。

一度動き出してしまえば、家計の全体像が見えるので、貯金額の確認もしやすく、先々のマネープランも立てやすいです。
長い目で見れば、この方法が一番いいかなと思い、我が家ではこの管理方法を選びました。

我が家の家計管理

③完全お小遣い制ですが、安定するまでは大変でした。

まず、最初にして最大のめんどくささは給与口座です。
一つどちらか名義の口座をつくり、そこを共通口座としていく方法も検討しましたが、口座名義人は給与口座にできますが、もう一人は名義人が違うため給与口座にできないため、手動でお金を動かすしかありません。

め、めんどくさい…!


我が家は、二人とも1つずつ新しい口座をつくり、それぞれを給与口座にしました。
そしてその給与口座は両方とも家計のものとして扱うということに決めました。

口座をつくる手間、会社に給与口座変更をお願いする手間はありましたが、それ以降はストレスフリーです。
お互い家計に必要そうなものであれば、自由にお金をおろして使用でき、クラウドの家計簿に記入する、というやり方をしていました。


これで日々のやることは最低限に家計が合わせられると思ったのもつかの間。
夫が家計で必要なものを買ってもクラウド家計簿にあげるのをめんどくさがり、まさかのお小遣いとして自己負担しようとする…!
どんだけめんどくさいの。。。

結局、私がある程度の額を銀行からおろして共通財布に入れ、夫が支出したものがあれば月に一度くらい清算するという形に落ち着きました。


我が家は私がお金の管理をするのが苦ではなく、夫は無駄遣いをしないタイプの家計に興味がない人だったので、どうにかまわっていますが、お金に関するルールは家庭ごと異なるんだろうなということを身に染みて感じました。

この手法で一番大変なのは、お互いの金銭感覚の確認になってくると思います。
すごく大変なことですが、お金の価値観って一緒に生きていく上ですごく大切です。
結婚を機に確認する事を(できれば結婚前に)、強くお勧めします。

まとめ

今まで一人でやってきたお金の管理。

まったく別の家庭で育った人と一緒にやっていくって大変ですよね。
少しずつすり合わせていくことが大事なんだなぁと日々感じています。


だまだ始まったばかりなので、変更があったらこのブログで記録していこうと思います。

【2020年1月追記】
あれから数年、妊娠出産を経ましたが、現在も我が家はこのころとほぼ同様の手法でお金の管理をしています。
あの時話し合っておいてよかったです。

スポンサーリンク
イチエをフォローする
スポンサーリンク
理系の家計簿
タイトルとURLをコピーしました